株式会社ソルナパートナーズのIPOコンサルティングサービス

IPOコンサルティング 株式会社ソルナパートナーズ

IPOとは

IPOとは、「Initial Public Offering」の略で、「新規公開株」や「新規上場株式」と表します。
未上場企業の株を投資家に売り出して、証券取引所に上場することを「IPO」といいます。

IPO株投資とは、新規上場するときに投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手に入れ、上場日のはじめに付く株価(初値〔はつね〕)で株を売ることで利益を出すことです。

IPOが株式上場するメリット・デメリット

株式上場すること、上場準備を効果的に行うことで、資金調達の多様化、人材の質の向上、知名度のアップ、戦略的アライアンスの実現などにより企業価値の飛躍的向上を図ることが可能と考えます。

株式の上場を行うプロセスの中で、確かな事業計画を立案し、管理部門を強化することで、経営体制を盤石なものとし、さらに企業の競争力を高めていくことが可能になります。

また、株式上場は、企業価値の向上、さらなる成長へ導くことができます。

メリット
● 知名度が向上する(株式市況欄、新聞・雑誌・Webコンテンツによる報道)
● 資金の調達がしやすくなる(時価発行増資、新株予約権、新株予約権付社債等)
● リスクを意識した強化体制が、形成しやすくなる(内部管理体制の充実)
● 監査法人から『信頼される企業』へと成長できる
● 従業員の資産が形成できる
● 従業員のモチベーション確保に繋がる
● ベンチャーキャピタルから資金調達できる
● 業者の利益が確保できる

 

デメリット
● 株式公開の準備が大変、準備コストも掛かる
● 上場維持費用・管理コストの負担が続く
● 社会的責任の増加、プレッシャーが大きくなる(企業価値向上、業績など)
● 買収のリスクが増える(売買の取引が自由になってしまうため)
● オーナーの発言権が希薄になる

 

IPO株を取得するメリット

● 取得するための手数料がかからない。
● 上場後の株価が大きく飛躍している銘柄が多い。
● 銘柄によっては上場後、数ヶ月の間に株式分割を行う企業が多い。
● 公募価格(売出価格)は割安に設定される場合が多い。
● 新興企業など歴史の浅い会社が多く、今後の業務急拡大が期待できるなど。

IPO株を取得する注意点

● 上場後、株価が一方通行でブレやすい。
● 株価は居所を落ち着けるまで3-6ヶ月程度かかる。
● 新興企業等歴史の浅い、規模の小さい会社が多く、バリュエーションが把握しにくいなど。

株式公開サポート

株式公開サポート内容
● 株式公開スケジュール立案
● 財務改善・資金調達立案
● 資本政策立案
● 株価算定
● 事業計画作成サポート
● 株式公開申請書類作成サポート
● 株式公開審査対応サポート
● 監査法人選定サポート
● 証券会社選定サポート
● 株式上場(ジャスダック(JASDAQ)、マザーズ(Mothers)など)

IPOコンサルティングサービス

IPOコンサルティングサービス

企業のIPO(新規上場)もサポート致します。
財務改善や資金調達、営業支援、M&Aなどにより企業価値を向上させ、スピーディーに経営管理体制を構築することができます。

株式会社ソルナパートナーズへのお問い合わせ06-6586-6790受付時間 9:00-18:00 [ 土・日除く ]

お問い合わせ